これは必修科目である

コース(ACIM)の学びにおいて、

赦しとはどういうものか?についてわたしたちはしっかり理解することが必須だといえます。


テキスト、ワークブック、教師のマニュアル、を学ぶとは、

その「赦し」について学んでいるのだといえます。


ですが、ときに、 

「テキスト、ワークブック、教師のマニュアル、を学ばなくてもいい、

その本編を理解していなくても、赦しのやり方さえわかればいい。

というふうに云っているコース学習者やコース・ティーチャーを目にしたりします。


さらにいえば、

「自分は赦しのやり方をもうわかっている」と云わんばかりに、

「赦しのやり方を教えます」というふうに、

まるでスピリチュアルの延長のように、

「赦し」というものを手法、テクニックのように捉えている学習者やティーチャーも、

ときに目にしたりします。


じつは、

かつて、私もそういうことをしていた時期もあったわけですが、

今では、赦しについての捉え方がまったく変わってしまったので、

そのことについて書いてみたいと思います。


結論から申しますならば、

「赦し」は、形而上学の理解を深めていくことなしではあり得ないと言うことができます。


そして、

形而上学は、繰り返し繰り返し学ばれていなければ、理解されるものではないということです。


テキスト、ワークブック、教師のマニュアル、

を学ばなくても、赦しのやり方さえわかればいい、ということであるならば、

もはやそれはコース(ACIM)ではない、といえます。


もしそういうふうにコースを捉えているのであれば、

わざわざコースを学ぶ必要がないというものです。


それでもやはりコースを学ぼうというのであれば、

コースの三部作(テキスト、ワークブック、教師のマニュアル)を

学ばないわけにはいきません。


それは、ごく当たり前のことです。


実際、本編を学ぶ気がないのなら、

まず、実践などできるわけがありませんし、

なによりも実践は絶対に続かないといえます。


コースは、そんな容易い道ではないということ。


「赦し」を手法やテクニックといったようなものとして実践しているとしたなら、

それはコースの目的とするところではありません。


むしろ、「赦し」について学んでいくことが、コースを学ぶということなのだといえます。


そのために、テキスト、ワークブック、教師のマニュアルを学んでいくわけであって、

それら三部作の理解なしに、

「赦し」を理解することもできなければ、

「赦し」の視座を見つけることはあり得ないといえます。


何のためにテキスト、ワークブック、教師のマニュアルがあるのか?


そのカリキュラムを無視するなら、それはコース(ACIM)と言えるのでしょうか?


都合のいいところだけ取り入れて学ぶのなら、それはコースと呼べるのでしょうか?


「赦し」について形而上学的学びは、

「赦し」を完全に理解するまで続くと言っていいと思います。


もしも、

「赦し」を完全に理解しているとするならば、

すでにすべてを「赦し」の視座から見ているということであり、

もしそうなら、すでに、実相世界、を見ているはずです。


そう、「赦し」を完全に理解しているならば、

コースを完全に理解しているということであり、

それは、自我について完全にマスター(知り尽く)しているということであり、

もう「赦し」すら必要ない状態だと言うことができます。


逆にいえば、

「自分はこの世界に居る」というふうに知覚しているなら、

この時間と空間の枠の中にいるなら、

赦しを学んでいく、つまりコースを学んでいく必要があるということです。


それは、必須(必修)なのだということです。



これは奇跡についてのコースである。必修科目である。”(『奇跡講座』序文より)



赦しについて理解したいなら、コースの形而上学を学んでいく以外にありません。


コース学習なのですから、

テキスト、ワークブック、教師のマニュアル、を学ぶことは当然のことです。


それらの学びなしに、赦しをわかりたい、というその思考は、

自我の思考体系からなるものであり、

自我は、

そのようにコースの教えを自我の思考体系に都合よく解釈して理解しようとするということです。


なぜなら、学ばない、目覚めない、それが自我の目的なのですから。


そういうことについても、私たちはコースを理解していくならわかってきます。


私が実感しているところから申し上げるなら、

コースの学びにおいてその理解を助けてくれるのが、ワプニック博士の解説です。


実際のところ、ワプニック博士の解説を理解していくのですら難解です。


それでも地道に学んでいくことで理解できるようになっていきます。


それは、コースが難しい、ということではなく、

この道(一元論的霊性の道)そのものが地道な学びと訓練を要する道なのだということです。


この道(コース/ACIM)はそういうものであり、

「コースを学ばなくても、赦しのやり方さえわかればいい」「赦しのやり方を教えます」

ということであるならば、

そもそもコースじゃなくたっていいわけで、なぜわざわざコースなの!?ってことです。


コースを学ぶのであれば、

テキスト、ワークブック、教師のマニュアルの学び、それは習得すべき必修科目だということです。


ACIMシンフォニー

『A Course in Miracles/ACIM/奇跡講座)』をケネス・ワプニック博士が解説する教材で学んでいるコース学習者です。その学びと実践を通しての理解をシェアしています。

0コメント

  • 1000 / 1000