『奇跡講座』は大衆向きではない

コース(ACIM/奇跡講座)の理解が深まっていくにつれて、

コースはだれもに受け入れられるようなスピリチュアリティではないと実感します。


というのも、

この世界の価値観で生きている私たちにとって、

つまり、自我の思考体系で生きている私たちにとって、

コースは、まさに狂気のスピリチュアリティだというふうにいえるでしょう。笑


それは、この世界で生きている私たちにとって、そうそう受け入れられるものではないということ。


もし受け入れるとするならば、

この世界は実在しないことになってしまうだけでなく、

自分の無意味性、無価値性、非実在性をも意味するわけですから。


そういう意味で、コースは、誰もが学ぶようなものではないといえます。


事実、コース(ACIM)を口述筆記したヘレン・シャックマンさんは、

コースをそのように解釈していたと云います。



「ヘレンはいつも、『奇跡講座』は非常に少数の者たち、すなわち前にも触れたように「五、六人」の者たちのためのものだと主張していた。実際の人数はともかく、ヘレンがはっきりと表明していたこと、そしてついでに言えば私も常に同感していたことは、『奇跡講座』は大衆向きのものではない、少なくとも現時点ではそうではない、ということだった。」

ー『天国から離れて』(ケネス・ワプニック著、中央アート出版社・刊)よりー



ただ、そのもう一方でたしかに言えることは、

私たちだれもが深いところでは、

神のものとに帰りたい、という望郷の想いを抱いているということです。


だから、私たちは、愛(神の愛)を探し求めてスピリチュアルな旅をはじめることになるわけです。


そして、そのスピリチュアルな旅の果てにたどり着くモノがコースなんだといえます。


かくいう私(もりG)もそうであったように、です。


いわゆる、探究の旅、時間と空間の旅、魂の旅、癒しの旅、、、

そういったものにウンザリした者たちがこのコースを学ぶのだと思います。


ただし、たとえコースに行き着いたとて、

それを学んでいくことすら難しいだけでなく、そうそう容易く理解できるものでもありません。


コース(ACIM)を学ぶのであるならば、

この道は長期的な学びと、

地道な訓練を要する道であると、

そのつもりでいないと、とうてい学べるようなものではないといえます。


とくに、コース(ACIM)の形而上学を理解することは必須であり、

その理解なしに、コースをいくら実践していったとしても、

それが歪曲された理解になってしまうならば、

この道が無意味なものになってしまうことは言うまでもありません。


そういう意味では、何のためにコースを学ぶのか?

コースを学ぶその目的を明確にすることはとても大事だといえます。


人生をより良くしたいとか、

それなりにこの世界で幸せに生きられるのならそれでいい、

という目的であるのなら、

コースを学ぶ必要はないということです。


そいういう目的でコースを学んだとて、コースを本当に理解するのは不可能です。


そもそもが、コースはそういう道ではありません。


むしろ、このコースは、

自分(だと信じている自分)の無意味性、無価値性、非実在性を受け入れていく道であり、

この世界、この人生の無意味性、無価値性、非実在性を受け入れていく道だといえます。


そして、学びを深めていくならば、

いずれは妥協のない多大な意欲を要する道であるということもわかってきます。


コースを学ぶのであるならば、

そのような道を歩もうとしているということをある意味覚悟しておくべきだと言えるでしょう。



参考記事:「5、6人の人たち」(ヘレンの言葉)

ACIMシンフォニー

『A Course in Miracles/ACIM/奇跡講座)』をケネス・ワプニック博士が解説する教材で学んでいるコース学習者です。その学びと実践を通しての理解をシェアしています。

0コメント

  • 1000 / 1000