非常にラディカルな思考システム

ワプニック博士は、コース(ACIM/奇跡講座)という霊性の道について、


”This is a very radical thought system.”

「これ(コース)は非常にラディカルな思考システムなのです。」


と云っています。


「ラディカル(radical)」という言葉の意味を調べると、

「急進的、過激、極端」などの意味になります。


ラディカル、、、たしかに、、、と思わず頷いてしまいます。



”私たちは世界を変えることについて話しているのではありません。なぜそこにない世界を修正するのですか?つまり、正気でない狂った人はそうしますよね?幻覚を起こす狂った人々はそれをします。このコースを通してイエスが私たちを「狂気」と呼び、「幻覚」という言葉を使うのは偶然なのではありません。これは世界を変えることについて(のコース)ではありません。それは、世界を投影として見て、心の中の分離の考えに戻るためのものです。心の中の分離の考えが癒されるとき、あなたは全世界を一つとして知覚するでしょう。そしてすべての相違はただ崩壊していくでしょう。これは非常にラディカルな思考システムなのです。 

ーFACIMサイト『Jesus meets us where we think we are』ワプニック博士の講話よりー



コース学習者である私たちはすべてを「同じ」として見ていく訓練をしていきます。


肉眼では、ちがい(相違/差異)を見てしまうのは当然です。


ですから、

すべてを同じと見るとは、心眼を通して見る

ということです。


世界のすべてを心の投影として見ていく訓練をしていくことによって、

「自分は心である」ことを認識することができるようになっていきます。


つまり、

世界はない、他者はいない、すべては心の中の投影である、

という形而上学のもとに赦しの実践(訓練)をしていくことによって、

私たちは忘却のベールを超えて、

忘れていた視座を見出し(思い出して)いくことができるようなっていくということです。


その視座から見るとき、心眼を通して見ることができます。


心眼を、コースでは「ヴィジョン」と呼んでいます。


いわゆる、聖霊の視点、戦場を超えたところ、時空を超えた視座、のことを言います。


それは、まったく別次元の視座へシフトしていくための訓練だといえます。


視座の移行(シフト)が完全になされるとき、

全世界を一つとして知覚するようになり、すべての相違はただ崩壊していくと云います。


そのとき、私たちはこの世界の夢から目覚めていき、この宇宙も、そして自分も消滅するのです。


そのような道を私たちは歩んでいるのだということです。


やはり、これはラディカルとしか言いようがありません。



ACIMシンフォニー

『A Course in Miracles/ACIM/奇跡講座)』をケネス・ワプニック博士が解説する教材で学んでいるコース学習者です。その学びと実践を通しての理解をシェアしています。

0コメント

  • 1000 / 1000